1. このサイトではcookie (クッキー) を使用しています。サイトの利用を継続した場合、cookieの使用に同意したものとみなさせていただきます。 詳しくはこちらをご覧ください。

本格的な素材制作ソフト・ツール・機材の共有

尾角つの2017-05-10に開始した「素材制作」の中の討論

  1. 尾角つの

    尾角つの ユーザー

    フリーの共有スレッドがあったので、では本格的な(有料などの)素材制作支援ソフトの共有スレッドもあったらいいなと思ったので立てました。
    • このソフトが無ければ制作できないというすごいソフト
    • 世界スタンダードだからこそゲーム制作で大活躍なポイント
    • 実はこのソフトのこのシステムが好きなんだよなぁというおすすめ
    • 初心者は知らないであろう、初心者にこそ知ってもらいたいその業界の機材のすごさ……etc.
    本格的なソフトの紹介や、その使い方などなど、どんどん共有して見聞を広めましょう!
    もちろん、ゲーム制作に関連する機材などの紹介もOKです!
    (フリーウェアのソフトの共有はこちら

    ■テンプレート
    ・ソフト、ツール、機材名
    ・ソフト、ツール、機材のホームページ
    ・共有したいポイント!

    同じソフトでも、おすすめしたいポイントが異なる事もあると思いますので、紹介したいものがかぶっても良しとします。
    ぜひぜひご投稿下さいませ!
    (ショップへのリンクは禁止とします。)
     
    最後に編集: 2017-05-10
    #1
    印度一好色, kuro, シノノメトモ他2人がいいね!しています
  2. 尾角つの

    尾角つの ユーザー

    試しにおひとつ
    ・Google ドライブ
    https://www.google.com/intl/ja_ALL/drive/
    ・データをインターネット上に保存しておくクラウドサービスです。PCにソフトをインストールすると自動で共有されるフォルダを作成できるため、そのフォルダの中にゲームのプロジェクトを入れておけば自動でデータがネット上に保存されます!
    万が一パソコンが故障してしまうことがあっても、クラウドにデータが保存されているので復元できるため安心ですね。
    また、他の人と共有するフォルダを作成すれば、簡単にプロジェクトのやりとりもできるため、スムーズに連携した作業ができますよ。
    15GBまでなら無料でもお試しできるので、気が向いたら使ってみて下さい。
     
    #2
    まこっちゃん, 印度一好色, 神無月サスケ他2人がいいね!しています
  3. リューイ

    リューイ ユーザー

    Photoshop
    http://www.adobe.com/jp/products/photoshop/beginner.html

    ・Adobe社の本格的な画像編集ソフト
     画像・写真・CG編集、3Dプリンターの出力やアニメーション制作もこれ1本で可能です。
     photoshopには種類があり、お試し体験版もあるので、詳細は上記サイトからお願いします。
     
    #3
    沫那環, まこっちゃん, Taka-C3@EX他4人がいいね!しています
  4. シノノメトモ

    シノノメトモ ユーザー

    Photoshopのお話がでたので、絵生業な端くれとしてグラフィックソフトの一長一短の印象などを書かせていただこうかなーと思います。
    だいたいどこかで見たような話ですけれども、ツクールではどのへんで使いやすいかなどを加えたりしてみてますー。

    ---
    キャライラスト向き

    『ペイントツールSAI』
    『CLIP STUDIO PAINT』
    『Photoshop』

    ゲームグラフィック・背景絵向き
    ---

    こんなかんじで、使い分けは必要かなー思っています。
    「ラノベみたいなかわいいキャライラスト描きたいからお絵かき勉強するぞー!」
    って人が『Photoshop』で始めると機能の多さと塗りが難しくて習得にだいぶ時間がかかります。
    そういう方はまずSAIをオススメします。

    そして「ツクール素材作るぞー」って人が『SAI』で制作しようとするとまた、苦労します。
    このときは「ドット絵専門のソフト」や『Photoshop』か『CLIP STUDIO PAINT』がおすすめですよね。(SAKANなどもありますが、ちょっと私はまだ慣れていないので今回は……)

    以下特徴を長文箇条書きで失礼します。

    ------

    ■ 『ペイントツールSAI』
    Windows用 買い切り5400円(税込)
    ツクール関連では立ち絵や顔グラフィックなど「キャライラスト向き」です。気楽に「絵」が描けます。

    ○利点:
    ・起動の速さ、動作の軽快さ、筆・水彩ブラシの塗り味が抜群で繊細な塗りが出来、手軽。
    ・水彩境界の動作が気持ちいい。
    ・機能が少ない分、覚えることがすごく少ない。ソフトにふりまわされないで絵に集中できる。

    ▽欠点:
    ・絵を描く以外の機能がない。
    ・ガイドやグリッドがなく、チップセットやUIグラフィックなどは扱いづらい。

    ※その他:
    メモリを沢山使えるVer2の開発進捗版が出ています。


    ■ 『CLIP STUDIO PAINT(Pro)』
    Windows&Macintosh用 買い切り5000円(税込)
    ツクール関連では(ブラシを用意・調整できれば)「キャラ絵からドット絵、UIグラフィック、背景」まで何でも作れます。

    ○利点:
    ・SAIとPhotoshopの間くらいの塗り味のブラシ。
    ・ブラシのカスタマイズ性・機能の豊富さ。
    ・ダウンロードできる素材・ブラシの多さ。
    ・絵も描けるし、素材も問題なく作れる汎用性。

    ▽欠点:
    ・塗り味はSAIに数段劣り、調整しても塗り味に関してはSAIにかなわない。
    ・ブラシを自分好みに調整できるようにならないとだいぶ不満が出ます。
    ・機能が多く、慣れるまでしばらく混乱は避けられない。
    ・機能の幅は広いけども機能ごとの詰めが甘かったりする。
     (水彩境界が汚い、選択範囲移動時にグリッド吸着できない、ブラシ先端を反転できないなど)
    ・バッチ処理と同様の自動化はあるものの、使えるプラグインがあまりない為使用する機会が無い。

    ※その他:
    ・ガイド、グリッドはファイルごとに保存される。
    ・おたかめの「EX版」は3D機能やアニメーション、複数ページ漫画機能を盛り込んだバージョン。ツクールでは「Pro版」でいいと思います。


    ■ 『PhotoshopCC(フォトプラン)』
    Windows&Macintosh用 "毎月"980円(税別)
    ツクール関連では、ガイドやグリッドの機能が不足なく充実しているので「チップセットやUIグラフィック、ドット絵」など一般的な素材画像を扱いやすいです。

    ○利点:
    ・ガイドやグリッドの機能が不足なく充実。
    ・画像処理ソフトとして標準となっているので、PSDファイルの汎用性が高い。
    ・使い方を覚えておけば他のソフトに通じるため便利。
    ・線画無しの風景絵を描く際便利な機能が多い=写真加工と同じ。
    ・バッチ処理での処理自動化。ツクールでよく使う機能では、PNG軽量化のプラグインを使用してまとめて軽量化等。

    ▽欠点:
    ・「キャライラスト」塗りでのブラシ調整と塗り方の難易度がすごく高い。上のソフトで描ける人でもかなり慣れないとまず、思うように塗れません。
    ・反転表示機能がない、透明色に変更して描く概念がないなど、イラスト描きでよく使う機能がなかったりもする。
    ・ショートカットに割り当てられるキーがかなり制限されている。
    ・起動が重い

    ※その他:
    ガイドはファイルに、グリッドはソフト側の設定に保存される。

    ------
    以上です。ちょっと欠点側がそれぞれ多くなってますけども、万能と言われる『Photoshop』でも苦手はあるのでいちおう書いておかねばと思いまして。
    現在私は『CLIP STUDIO PAINT』メインですが、これもまた完全にはオススメしにくいところもありますし。グラフィックソフトはほんとに一長一短なので、なにをしたいかで決めるモノだと感じています。
    参考になれば……!
     
    最後に編集: 2018-08-03
    #4
    沫那環, 月下美人, オヤジ狩り他8人がいいね!しています
  5. 沫那環

    沫那環 ユーザー

    ・GarageBand
     Mac本体を買えば無料で手に入るのでフリーソフトの方でもいいかもしれないが、それでも本体の購入代は最低限かかるので、こちらのスレで。
     いわゆるDAWと呼ばれる音楽制作ソフト。
     機能はプロ・上級者向けのLogic Proより大分簡素だが、ちょっとしたBGMや効果音を作るぐらいなら、あまり作曲力がない人でも十二分に使えると思う。
     現行バージョンで最初からついてくる音源は種類がちょっと少ないが、MainStageというライブ演奏支援?ソフトを買うと大量に質のいい音源がついてくるので、こだわりたくなったら買うのがおすすめ(投稿時は3600円。ボリュームのわりにかなりお手頃科価格)
     ただ、音源類はディスクの容量を食うので、インストールするときはディスクの空きに気を付けるべし。
     
    最後に編集: 2018-08-03
    #5
    月下美人神無月サスケ がいいね!しています
  6. とんび@鳶嶋工房

    とんび@鳶嶋工房 ユーザー

    Aseprite (Mac・Win・Linux版がありSteamでも購入できます)

    公式ページ - https://www.aseprite.org/
    Steam - https://store.steampowered.com/app/431730/Aseprite/

    ・共有したいポイント!
    Steamで「圧倒的に好評」という最上級のレーティングを手にした、ドット絵作成ツールの決定版と言っても過言ではないでしょう。
    pixcl-perfectオプションにチェックを入れると、線が1ピクセルを維持して描けるとか、タイルのループ表示ができるとか、ショートカットキーを細かく設定できるなど、痒い所に手が届く機能が充実してます。
    それに安い! 1,480円でこの高機能。

    正式版は英語ですが、日本語化パッチもあります(僕は英語版のまま使ってますけど)
    アニメーション機能もかなりしっかりしてるんで、アクションゲーム作りたい場合に重宝すると思います(が、僕は使ってないので断言はできません)
     
    #6
    シノノメトモ神無月サスケ がいいね!しています
  7. 沫那環

    沫那環 ユーザー

    昔愛用していた、というだけで紹介するかどうか迷っていましたが、せっかくなので紹介します。

    ・DotShotX Pro
    AsepriteやGraphicsGale、EDGEと同じようなカテゴリーに属するソフト。Mac専用で1200円ほど。
    あると便利な機能はだいたいそろってるので、他のソフトと比べて、飛び抜けて秀でたところがあるという訳ではないと思います(ごめんなさい)
    個人的に、256色画像のパレットの色を入れ替える機能の操作が、かなりやりやすかったところがオススメです。
    一時期、この機能を駆使して色換え改変素材を量産しまくっていました。
    最終アップデートがかなり前なので、今だったらAsepriteの方がいいかもしれませんが、こちらのUIの方が好みだという方もいらっしゃるかもしれません。
     
    #7
    リンクスシノノメトモ がいいね!しています

このページを共有