(求)選択肢を好きなピクチャで表示し、それぞれ独立して自由に配置を決められるプラグイン

長玉A

ユーザー
タイトルのとおりで、「ピクチャ選択肢」を可能にするプラグインを探しております。
トリアコンタン様の「ピクチャのボタン化プラグイン」という素晴らしいプラグインにより、常時併設されるピクチャ選択肢の実装はできました。
しかし上記プラグインは「ピクチャを押すと任意のスイッチが操作されて、該当する並列処理のイベントを起動できる」というものであるため、作中のすべてのボタンを実装するとなると並列処理のコモンイベントを300~500個ほど用意しなければならず、また条件分岐も煩雑で、処理が重くなってしまう懸念があります。

そこで、従来の選択肢機能をそのままピクチャで表示し、なおかつそれぞれのピクチャ選択肢の表示位置は独立して自由に決められるプラグインを探しています。
前者の条件を満たすものはいくらかあるのですが、後者の条件を満たすものが見つからず、こちらに投稿させていただいた次第です。

お手数お掛けいたしますが、どなたか何卒よろしくお願い申し上げます。
 

YouChalice

ユーザー
こんばんは。

トリアコンタン様の「ピクチャのボタン化プラグイン」でも処理の方法を変えれば可能かと思います。こちらのプラグインは該当の起動させるコモンイベントは並列処理にしなくても動いてくれますので、トリガー部分は「なし」で大丈夫です。
まず、選択肢の数分のコモンイベントを用意します。(これは選択肢イベントの数ではなく、1つのイベントで表示する選択肢の最大数です。例えば全体を通して選択肢が4つあるイベントが最大の場合4つのコモンイベントをご用意ください。)仮に名前を『選択肢1』『選択肢2』…のように設定しておきます。
次に選択肢用変数を1つ用意します。各々のコモンイベントに選択肢用の変数の代入イベントを設定します。『選択肢1』では「選択肢用変数に1を代入」、『選択肢2』では「選択肢用変数に2を代入」という塩梅です。
後は選択肢のピクチャのボタンと選択肢用コモンイベントを関連付ければ、各々の選択肢を選択した時に別々の変数を所得出来るようになります。
任意の選択肢イベントで選択肢のピクチャボタンを表示していただき、条件分岐イベントで「選択肢用変数が1の時は選択肢1のイベント」「選択肢用変数が2の時は選択肢2のイベント」というように設定していただければ、上手く動いてくれると思います。

ご要望のイベント処理の解釈が間違ってましたらすみません。
 

長玉A

ユーザー
こんばんは。

トリアコンタン様の「ピクチャのボタン化プラグイン」でも処理の方法を変えれば可能かと思います。こちらのプラグインは該当の起動させるコモンイベントは並列処理にしなくても動いてくれますので、トリガー部分は「なし」で大丈夫です。
まず、選択肢の数分のコモンイベントを用意します。(これは選択肢イベントの数ではなく、1つのイベントで表示する選択肢の最大数です。例えば全体を通して選択肢が4つあるイベントが最大の場合4つのコモンイベントをご用意ください。)仮に名前を『選択肢1』『選択肢2』…のように設定しておきます。
次に選択肢用変数を1つ用意します。各々のコモンイベントに選択肢用の変数の代入イベントを設定します。『選択肢1』では「選択肢用変数に1を代入」、『選択肢2』では「選択肢用変数に2を代入」という塩梅です。
後は選択肢のピクチャのボタンと選択肢用コモンイベントを関連付ければ、各々の選択肢を選択した時に別々の変数を所得出来るようになります。
任意の選択肢イベントで選択肢のピクチャボタンを表示していただき、条件分岐イベントで「選択肢用変数が1の時は選択肢1のイベント」「選択肢用変数が2の時は選択肢2のイベント」というように設定していただければ、上手く動いてくれると思います。

ご要望のイベント処理の解釈が間違ってましたらすみません。

ご返信ありがとうございます!!
ご指摘の処理も検討していたのですが、長編の裁判ADVを作る都合上、「並列処理のイベントが多くなりすぎる」「ボタンを押すたびに長い条件分岐を通らないといけない」といった欠点からどうしても避けられません。
添付画像のようなUI(逆転裁判)を作りたいのですが、できればスイッチではなく、単純な選択肢として動いてくれるピクチャ選択肢があると処理がかなり軽くなるのではないかと考えて本スレッドを投稿した次第です。

条件分岐については1つの並列処理イベントで対応しようとすると、400個程度の分岐先を作るために、最低でも9回ほど条件分岐をくぐらせないといけません。
この処理を連打させても問題がないかどうかが分からないため、重さ対策の観点から上述のプラグインを探しております。
 

Attachments

YouChalice

ユーザー
長玉A様

状況の方確認いたしました。
確かにこういったイベントを管理するのはちょっと大変そうですね。状況が上手く把握出来ておらず申し訳ないです。
でしたら、フトコロ様のFTKR_OriginalSceneWindowプラグインの方が良いかもしれません。
https://forum.tkool.jp/index.php?threads/プラグイン「オリジナルシーンやウィンドウを表示する」.202/

私の方ではこちらのプラグインしか思い当たりませんでした。力不足で申し訳ないです。
 

長玉A

ユーザー
長玉A様

状況の方確認いたしました。
確かにこういったイベントを管理するのはちょっと大変そうですね。状況が上手く把握出来ておらず申し訳ないです。
でしたら、フトコロ様のFTKR_OriginalSceneWindowプラグインの方が良いかもしれません。
https://forum.tkool.jp/index.php?threads/プラグイン「オリジナルシーンやウィンドウを表示する」.202/

私の方ではこちらのプラグインしか思い当たりませんでした。力不足で申し訳ないです。
返信遅くなり申し訳ございません。
教えてくださったプラグインを見ている最中なのですが、こちらのプラグインは「好きな画像を背景にしたシーン」は作れるようですが、好きな画像のウインドウの設定も可能なのでしょうか?
ツクール初心者なためプラグインの仕様説明書がうまく理解できず申し訳ありません。
 

YouChalice

ユーザー
長玉Aさま

顔画像を載せておられるスクリーンショットがあるので恐らく可能だと思います。
表示させたい画像をピクチャーとしてでは無く、顔画像として保存し、表示用にアクターとしてアイテムを登録しておけば、そのアイテム画像を選択肢の中に表示させることが出来ます。

こちらのプラグインはまだ私も勉強中でして、詳しくご説明出来なくて申し訳ないです。
 

長玉A

ユーザー
長玉Aさま

顔画像を載せておられるスクリーンショットがあるので恐らく可能だと思います。
表示させたい画像をピクチャーとしてでは無く、顔画像として保存し、表示用にアクターとしてアイテムを登録しておけば、そのアイテム画像を選択肢の中に表示させることが出来ます。

こちらのプラグインはまだ私も勉強中でして、詳しくご説明出来なくて申し訳ないです。
ご返信ありがとうございます。ツクールMVの仕様とともに使い方も勉強してみます。
 

YouChalice

ユーザー
長玉A様

あまりお力になれず申し訳無いです。すみません。なんとか上手くいけば良いのですが…。応援しております。
 

ポテト修行

ユーザー
もう解決されていたらすみません。
私も同様の困りごとがあり、試行錯誤して解決しましたので、記載させていただきます。

下記の方法を行うと、普通の文字選択肢のように簡単に記述できます。
使用するのは変数1つ、スイッチ1つです。コモンなどは不要です。

【手順】
・プラグイン管理で、『ピクチャのボタン化プラグイン』を開きます。
 パラメータの『ピクチャ番号の変数番号』に、任意の変数番号を設定します。

仮に、下記のように変数とスイッチを設定します。
変数
 9:クリックされた画像ボタンのピクチャ番号
  ※プラグイン管理のパラメータにはこの番号(9)を設定します。
スイッチ
 10:ピクチャボタンが押されたか

・マップイベントのトリガーを"自動実行"にし、以下の様に書きます。
(自動実行以外は未確認です。)

◆注釈:スイッチ初期化
◆スイッチの操作:#0010 ピクチャボタンが押されたか = OFF
◆注釈:選択肢画像を表示
◆ピクチャの表示:#1, pic1, 左上 (200,200), (100%,100%), 255, 通常
◆ピクチャの表示:#2, pic2, 左上 (400,200), (100%,100%), 255, 通常
◆ピクチャの表示:#3, pic3, 左上 (600,200), (100%,100%), 255, 通常
◆ラベル:selectPicture
◆プラグインコマンド:ピクチャのスイッチ化 1 10
◆プラグインコマンド:ピクチャのスイッチ化 2 10
◆プラグインコマンド:ピクチャのスイッチ化 3 10
◆条件分岐:ピクチャボタンが押されたかがOFF
◆ラベルジャンプ:selectPicture
◆ウェイト:20フレーム(※この数値は1以上でお好きに!!)

:分岐終了

◆条件分岐:クリックされた画像ボタンのピクチャ番号 = 1
◆注釈:#1を選択した時の処理

:分岐終了

◆条件分岐:クリックされた画像ボタンのピクチャ番号 = 2
◆注釈:#2を選択した時の処理

:分岐終了

◆条件分岐:クリックされた画像ボタンのピクチャ番号 = 3
◆注釈:#3を選択した時の処理

:分岐終了




※※※フトコロ様のFTKR_OriginalSceneWindowを使う方法※※※

このプラグインは、ピクチャの表示はできないと思います。
ただし、同じくフトコロ様のFTKR_ExEscapeCharacters(制御文字を拡張するプラグイン)を併用すると、
やや面倒・制約ありですが実装できます。

何かのヒントになるかもしれませんので、方法を載せておきます。

この方法は、変数もスイッチも不要です。
コモンは任意で必要です。

【用意するもの】
ツクールMVのアイコン規格の画像
※今回はプリセットの「IconSet」画像を使うので、
 とりあえず表示確認したい場合には画像の用意は不要です。

【手順】
・下記2つのプラグインをONにする。
FTKR_ExEscapeCharacters
FTKR_OriginalSceneWindow

・任意の画像を/img/systemフォルダに保存しておく。

・とりあえず下記の通りコマンドを入力する。
 重要なのは4行目です。
 本来、文字列を表示するところに、画像を表示する制御文字を入れています。
 もちろん複数表示することも可能だと思います。文字列との併用も可能です。

◆プラグインコマンド:OSW_コマンド設定 オリジナル 0 生成
◆プラグインコマンド:OSW_コマンド設定 オリジナル 0 コマンド初期化
◆プラグインコマンド:OSW_コマンド設定 オリジナル 0 コマンド追加 選択肢いち cmd1 true コモンイベント(7)
◆プラグインコマンド:OSW_コマンド設定 オリジナル 0 コマンド追加 \IMG[IconSet,7,32,32] cmd2 true コモンイベント(8)
◆プラグインコマンド:OSW_コマンド設定 オリジナル 0 コマンド追加 戻る end true シーン終了
◆プラグインコマンド:OSW_コマンド設定 オリジナル 0 最大列数 3 コマンド位置 center
◆プラグインコマンド:OSW_コマンド設定 オリジナル 0 サイズ -1 位置 0 0 アクティブ ON 表示 ON
◆プラグインコマンド:OSW_オリジナルシーン表示


画像の大きさや位置は、調整できるようです。
詳しくは各プラグインのヘルプをご覧ください。

私はこのプラグインを使いこなせていないので、これ以上の発展は無理でした。
これはどちらかというと、オリジナルメニュー向けですね。
自分で用意したピクチャを使ってメニューの選択肢を作りたい、という場合でしょうか。



ほかの解決策を持っている方がいらっしゃれば、お知恵を貸していただきたいです。
私にはこれが限界でした……。
読んだ方のヒントになればと思います。
 

剣崎宗二

ユーザー

ポテト修行

ユーザー
剣崎宗二様

す、すごい!
スレッドを作った方ではありませんが、私がまさに求めていたものです!!!

ダウンロードして使ってみました。
こんな簡単でわかりやすい記述方法で、あれだけ悩んでいた画像選択肢の実現ができるなんて……感動しております。
カーソルも独自のピクチャにできるのがすばらしいです。
教えていただきありがとうございました。
スレッドに書き込んでよかったです……本当に……。
こんなに簡単だと、記述ミスも少なくなり、見た目にもわかりやすく、いいことづくめです。


※返信コメントにプラグインのメリットデメリットを書くのは失礼だと思い、消しました。(2020/05/26)
 
最後に編集:
トップ