1. このサイトではcookie (クッキー) を使用しています。サイトの利用を継続した場合、cookieの使用に同意したものとみなさせていただきます。 詳しくはこちらをご覧ください。

異世界転生・転移系キャラについて

べるなに2018-12-14に開始した「雑談」の中の討論

  1. べるなに

    べるなに ユーザー

    ファンタジー系にはよく異世界転生とか転移してくるキャラクターがいますが、そのキャラクターは皆さんはどのようにしますか?

    ちなみに俺の場合は、HPが永遠に1のままで耐久も紙レベル、しかし攻撃力と素早さだけは魔王クラスで、自力で蘇生魔法を唱えて蘇れると言うキャラクターだったり、
    全てのステータスがカンストしている無敵人間にも見えるがその代わり常に悪臭が漂ってしまうと言う呪いを持つキャラクターだったりと、何かしら致命的な欠点を抱えていたりするキャラクター達を使ったりします。

    異世界転生とかのキャラクターは主人公にしたりしますが、主人公にしない場合は欠点などは小さめですね。
     
    #1
    まるたん, ネコタ神無月サスケ がいいね!しています
  2. 神無月サスケ

    神無月サスケ ユーザー

    最近ではライトノベルの影響か、異世界から転生してきた、っていう設定のゲーム、
    増えているんですかね。

    僕は、ゲームとしてそういうものに接した経験はありませんが、
    ライトノベルでは、異世界転生してきたキャラって、その世界で「俺TUEEEE」になっていて、
    非常にレベルが高いのが特徴ですよね。
    最近では、転生したらスライムだった、みたいに、その逆もありますが、
    もし、ライトノベルに倣って転生ものを作る場合、規格外の強さを持っていると思います。

    規格外の強さを生かすためには、ゲーム自体が楽、というのがネタになっていたり、
    期間限定キャラだったり、いろいろあると思います。

    非ライトノベル系の異世界転生キャラは、僕は特にこれといったパラメータ意識は
    していないし、そういうゲームが多い気がします。

    パーティーに魔法使いがいなくて困っているところに、異世界から、
    魔法使いが現れてパーティーに加わる、とか、そういう展開が考えられます。

    この場合、「異世界転生」がそのキャラの一つの属性であり、個性なんだと思いますが、
    それ以上のものはないのかな、って思いました。

    ただ、ライトノベル系の異世界転生ゲー、僕が知らないだけで結構多そう、
    今後も増えそうですね。RPGアツマールはネタゲーの宝庫ですから、
    探してみたら、いろいろありそうです。
     
    #2
    猫二郎, べるなにネコタ がいいね!しています
  3. ネコタ

    ネコタ ユーザー

    こんにちは。

    ダーケストダンジョンコラボ作品はちょうど異世界転生系として制作したので、それについてちょっとだけ語ろうかと思います。

    あの作品は、ほぼ導入部だけで完結させた作品ではありますが、それなりに世界観を創り込んでいます。あの世界では、ラストで登場したドツボさんがちょろっと語っていたように、異世界からちょくちょく来訪者がきます。異世界人のキャラクターは、あの世界にとっては客人であると同時に常識(ルール)が通用しない相手として扱われます。そのため、異世界人に対する扱いを定めた特別ルールが存在します。平たく言うと「郷に入っては郷に従え」というルールで、従わない場合にはテロ活動とみなして処罰できるというもの。世界の秩序を保つことを目的として定めたルールになります。

    しかし、本作品に登場するドツボさんはこれを悪用して、異世界人であるプレイヤーを処罰し、さらにはビジネスとして利用しようとしてきます(奴隷のようなものとして)。ルールに従ってくれる場合には、無知を良いことにプレイヤーを言葉巧みに操作しようと企んでいます(正規ルート。エンディングが微妙に不穏な音楽なのは、この未来を想定しているためです。なので、続きを制作した場合でもドツボさんが登場する予定でした)。

    異世界転生したキャラクターの扱いですが。彼らは能力的に優秀な場合が多いかもしれません。が、やってきた世界で生きられるかどうかは別問題として考えています。基本的なスタンスは「適者生存」です。生き残るのは能力的に秀でることではなく世界に適合できるかどうかにかかっている、ということです。

    大抵、異世界転生したキャラクターはチート能力のひとつもないと話題性がなかったりするのですが、この「適者生存」の考え方でいくと、チート能力の有無に関わらず物語を紡ぐことができます。世界そのものを細かく分解して考えていかなきゃいけないので大変ではありますけどね。

    というわけで、この作品では主人公やその仲間もろもろ含めて、異世界転生したキャラクターにそれほど優れた能力は持たせませんでした。これといって不利になりすぎる欠点もありませんでした。ただ、各々の特徴を活かして生きてください、という感じですね。
     
    最後に編集: 2018-12-15
    #3
    神無月サスケべるなに がいいね!しています
  4. jun

    jun ユーザー

    今、公開しているゲーム『創作した小説が世界の神話になっていた頃』がまさに異世界転移系です。
    異世界というか、厳密にいうと未来の日本なのですが、いわゆる異世界風です。(『現代』は旧世界として出てきます)

    そして転移する現代人の主人公は女です。ここのアバタ―のキャラがそのキャラです。

    特に武術をやっているなどの強い設定はありません。

    魔法等は無く、強いキャラもいますが、現代人と比べて想定できる範囲の強さです。(超人的ではない)

    主人公はレベル1から始まり、他のキャラはそこそこレベルがある状態から始まります。
    魔物ポジションには「危険生物」というのがいて、ファンタジー世界の魔物みたいに強い感じはありません。
    それと、仲間が強いので主人公も一緒にダンジョンを歩けます。

    だからといって主人公は弱い足手まといではなく、回復等技をいっぱい覚えるので便利且つ、武器やレベル上げで強くもできます。(武器は女子が持てるような物ですが、強化すれば強くなります)

    ちなみにHP=体力、MP=元気、TP=ストレスなので、回復術も傷を治す系ではありません。

    チートでもなく、特殊能力があるわけでもない主人公(女)ですが、問題無く旅を進められるゲームになっています。
     
    最後に編集: 2018-12-15
    #4
    ネコタ神無月サスケ がいいね!しています

このページを共有