立ち絵の表示のさせ方

立ち絵を表示させるゲームをツクろうと思うのですが、立ち絵の表示のさせ方と言うのがイマイチわかりません。
横からスラーッとスライドしてくるような立ち絵の使い方をしたいのです。

(例を挙げるとゲ魔転みたいな。)
 
私がやるとしたら、「ピクチャの表示」でまず画面外に出して(画面外の座標も指定可能)、その後「ピクチャの移動」で画面内に持ってくるでしょうね。
因みに座標は、Xが左端0、右端816、Yが上端0、下端624、メッセージウィンドウの上端が444です(推定)。
分かりにくかったり的外れだったらすみません。
 
画像の表示位置ですが、マイナスや画面サイズ以上の数値も使用できます。
MVのデフォルトのサイズは横:816 縦:624です。
メッセージウインドウの位置は、だいたい444(推定)ぐらいです。
例えば画面左から右に 『横:200 縦:150』 のバストグラフィックを横滑りさせたい場合、
『ピクチャの表示』『左上』『X:-200』『Y:294』ぐらいの位置に表示し、
『ピクチャの移動』『左上』『X:0』『Y:294』とすればスライドしてきます。
『ウェイト』でスライドする時間を調整できます。

画面右から左にスライドさせたい場合は、
『ピクチャの表示』『左上』『X:816』『Y:294』ぐらいの位置に表示し、
『ピクチャの移動』『左上』『X:616』『Y:294』とすればスライドしてきます。

『横:300』『縦:500』とかの立ち絵であれば、メッセージウインドウは無視して良いと思います。
『ピクチャの表示』『左上』『X:-300』『Y:124』ぐらいの位置に表示し、
『ピクチャの移動』『左上』『X:0』『Y:124』とすればスライドしてきます。

この辺りは慣れてくれば、感覚的に理解しやすくなりますよ。
あと頻回に使用するようでしたら、コモンイベントで設定しておくと楽です。
一発で何度も使用できますし、修正したくなったらコモンイベントを修正するだけで全部のイベントが修正できます。
あと立ち絵表示のプラグインなら、けっこうあったと思います。
・・・使い方が難しいけど。
 
最後の質問なのですが右から左にスライドする時、横300 縦500の画像の場合、表示や移動の数値はどうすればいいですか?
 
1.『ピクチャ表示』『左上』『X:816』『Y:124』
2.『ピクチャ移動』『左上』『X:516(※)』『Y:124』
という風になると思います。
※マークは、これより数値を低くすれば左に寄るので、ちょうど良い位置に調整してみてください。
 
トップ