立場逆転!「欠点は仲間を救う」状況づくり

 まずはスレッドを立てた自分自身から…。

〇キャラの欠点が有効利用された状況・スキル
・料理の腕が壊滅的(なのに本人は自信満々)→敵に捕らえられたとき、敵が間違って食べて卒倒→脱出成功
・歌声が超音痴→敵に聞かせると高確率で睡眠(気絶?)効果
・普段の素行が悪い→そのキャラの偽物が現れ悪行を働こうとしたら、本物の方が一枚上手で一発で偽物と判明
・普段の思考が破廉恥→思考読みをしてくる敵がそのキャラの思考を読んだら混乱→総攻撃で逆転勝ち
・不眠症で悩んでいる仲間→睡眠無効

〇作者の欠点がメリットになった状況
・画力が壊滅的→そのあまりの画力故にいろいろとネタになり(良くも悪くも)知名度がアップ→今に至っています。
 

ぶー太

ゲスト
料理が下手すぎて四天王全員殺すってのを自分も以前やったことがあったり。

漫画のワンピースでウソップという仲間はもともとネガティブだから
心を折る攻撃が効かない、というのがあった。

最初からマイナスだからマイナスにする効果が効かないという
毒を以て毒を制すというのは考え方として使えるんじゃないでしょうか?
 
最終的に議長により編集されました:
概ね主人公とその仲間になる人物には
「マイナスの特技/特徴」「身体的欠点」「精神的欠点」を与えました。
欠点のないキャラクターは面白くないですからね。
私はどちらかと言うと状況を与え→キャラクターを動かす のでやりませんが
キャラクターの動きを想定し→与える状況を作る ほうが
物語を書くのにはやりやすそうだなと思いました。

で、幾らか考えてみた次第です。
※すべてにおいて製作中のエメラルドの瞳~UnToldにて
 「本編に採用するのもありか」と考えている段階です。
 なのでわりと書き方は適当です。

【2パーティそれぞれの主人公の場合】
<人で言えば16歳の獣人女性>
職業     :聖教国の騎士
マイナスの特徴:絵を描くのが好きだが壮絶に下手
身体的欠点  :運動音痴
精神的欠点  :意志を挫かれやすい

わりと好機に転じようのない欠点が多いです。
精々「絵で他者の行動力を一時的に束縛可能」なぐらいでしょうか。

<年齢不詳の爬虫人類女性>
職業     :大賢者
マイナスの特徴:料理すると災害が発生する(下手だと自覚はしている)
身体的欠点  :走ると歩くよりも遅くなる
精神的欠点  :性欲にわりと忠実/思考回路が常軌を逸している節がある

料理をすると災害が発生… は既にスレッドに先駆者がいるようですね。
性欲にわりと忠実なので色仕掛けとかはできそうです。
詳細な内容をここには書くことが出来ないのが無念でなりませんが。

【その他面白そうな面々をいくらか抜粋】
<精神年齢24歳相当(実年齢2歳)の爬虫人類女性>
職業     :流れ者
マイナスの特徴:長時間眠る事が出来ず何かあるとすぐ起きる
身体的欠点  :テロメア短縮により短命(寿命が平均の1/20)
精神的欠点  :自我が薄く一人称を口に出来ない

まず「寝込みを襲われて危機に陥る」を事前に防げるマイナスの特徴があります。
…これプラスな気がしてきました。
身体的欠点はどうしようもありません。
このキャラクターはUnToldの物語の終了後間もなく死亡する事が決まっています。
精神的欠点は精神的なコントロール奪取に耐性がある、ぐらいでしょうか。
他のキャラクターの耐性が絶望的なので恐らくそういう状況になるとパーティが壊滅しますが。
こっそりと「激昂」「混乱」「魅了」の状態異常に50%の耐性をつけられていたりします。

<人で言えば29歳の神竜族の雌>
職業     :神主
マイナスの特徴:無意識動作で周囲の物品をよく破壊する
身体的欠点  :近親婚の家系により血が極めて濃い
精神的欠点  :危険意識が弱い/知恵遅れ(精神年齢と知性は人間で言う6歳相当)

無意識の動作でよく物品を破壊し、危険意識が弱く、
プラスの特徴として「人懐っこく他者と打ち解けるのが速い」ため
敵として相対した人物に懐いて物理的に破壊するなどが出来そうです。

<人で言えば19歳の獣人女性>
職業     :医者
マイナスの特徴:運動は全くといっていいほど出来ない
身体的欠点  :右足の膝から下を欠損している
精神的欠点  :ヒステリック

欠点の活用はとても簡単です。
危機に陥ったらヒステリックに喚くので、周囲を怯ませる事が出来ます。
攻撃的にもなるでしょうから、その隙に暴力に訴えれば良いわけです。


<人で言えば9歳の蛇型の魔物の雌>
職業     :戦士(職業か?)
マイナスの特徴:物事を説明する時、内容が殆ど擬音になる
身体的欠点  :血液に異常があるため同族への輸血であっても血液型問わず毒性を示す
精神的欠点  :言語野に障害があり発話がやや苦手なため、鳴き声で意思疎通を図りがち

情報目的で彼女を捕えた場合、ほとんど役には立たないでしょう。
何しろ説明内容はほとんど擬音と化し、普通に話させようとすると鳴き声で会話し始めるからです。
身体的欠点は… むしろ同族の味方に被害を巻き起こす用途しか思いつきません。


【非常に考えづらかったもののある事情から抜粋】
<年齢不詳(精神年齢21歳相当)の爬虫人類女性>
職業     :執事
マイナスの特徴:強いて言えば料理を「美味しく」作る事が出来ない
身体的欠点  :三日毎に魔術的治療を施されないと全身が腐り果てて死ぬ奇病に侵されている
精神的欠点  :感情表現が出来ず情動に乏しい

そもそものプラスの特徴が「何事も万能にこなす」というものであるため
大体の状況は切り抜けられてしまうキャラクターです。
強いて言えば敵陣営に囚われてしまった場合、何をされても口を割る事はないでしょうし、
放っておけば腐って死ぬので情報が漏れる事はまずない、ぐらいでしょうか。
そんなキャラクターが何者なのかというと
ツクシティにちょろっと出てきた「ダハーカ」だったりします。


…ざっとこんなところです。
キャラクターに欠点を与えるのは楽しいものです。
葛藤と克服からの成長物語を描くために欠点を与えるのも良いですが、
欠点の為に被害を巻き起こし絶望させるためにも使えるのが
欠点を設定することの特に良い所ですね。
 
マイナスの特徴を活かした攻撃をする、これは突き詰めるとかなり面白いですよね。
最初に思いつくのは、アンデッド系です。
通常HP回復でダメージを受ける代わりに、バイオなど毒系攻撃で回復。

また、ステートの特徴に「スキルを覚える」を付ければ、
例えば毒属性の時にだけ、「毒攻撃」が使える、といった、「マイナスをプラスに転じる」
ことも可能ですね。

あと有名どころではドラクエ4のトルネコでしょうか。
通常攻撃を選んでも、敵の使うような技を使ったりして、
時には「トルネコはぼーっとみている」なんてことになり、迷惑千万ですが、
またある時は「つまづいて転んだ拍子に武器が会心の一撃に」なんてのもありましたよね。
 

じおけー

ユーザー
欠点の逆利用、と聞いてまず思い浮かんだのが『エンチャントファーム』のウィンドⅠですね(ウィンドⅠ自体はVIPRPG界隈で共有されているキャラクターではありますが)

ウィンドⅠは「『風』属性ならぬ『風邪』属性……ということで病弱。不治の病を患っているという設定の作品もある」というイメージが共有されているのですが、エンチャントファームでは「状態異常を別の状態異常で上書き出来ない」という仕様と併せて、
最初から[不治の病]状態に罹患しているため、その他の状態異常を完全に無効化する
という特徴付けをしていて、中々面白いことするなーって思った覚えがあります。
もっとも、不治の病ゆえに非常に貧弱、HPは常時1のため『被ダメージ=死』という扱いの難しいキャラクターになっているというオチもありますが。
 
トップ