絵合わせゲーム

AアQクUアA

ユーザー
絵合わせゲームをツクりたいです。
RPGツクールMVでツクる方法を教えて下さい。
初心者なのでお願いしますm(_ _)m
ツクりたい絵合わせゲームは制限時間内にバラバラになった絵を合わせるゲームです。
 
こんにちは。
以下のようなゲームと想定して、説明を開始します。
https://game.nicovideo.jp/atsumaru/games/gm2634

<基本的な仕様>
ピクチャーとして配置した絵をクリックして選択(選択されたものを1枚目と称します)し
その状態で更にクリックされた絵(入替える相手を2枚目と称します)の位置と入替えます。

<前置き>
やり方は色々あると思いますが、私のやり方を説明します。
ツクールの基本的な操作の説明は省きます。
あらかじめ、トリアコンタン様の「ピクチャのボタン化プラグイン」を入手してください。
時間制限については、パズル完成後に追加できるので
まずは、パズル部分に集中します。

上記サンプルでは、「ピクチャ関連のイベント機能拡張プラグイン」も使用していますが
基本からやるのがいいと思うので、使わない方法で説明します。
パズルの作り方を覚えたら、使ってみてください。とっても便利です。
(特に複数出題する場合の作業効率が格段に良い)

RPGMVのが楽とは言え、そこそこ複雑なので
慌てず、ゆっくりやっていきましょう。

<始めにやること>
ピクチャーをクリックすると選択できるようにするには
コモンイベントがパーツの枚数分必要です。
とりあえず、練習ということで、4分割した絵を用意してください。
後、選択中であることを示すカーソル用の画像も用意してください。
枠用の画像はあってもなくてもいいです。
というわけで、コモンイベントは4つ必要です。

「ピクチャのボタン化プラグイン」を導入しヘルプにしたがって
パーツを関連付けて、まずは正しい並び順でパーツを配置してください。
コモンイベントは、まだからっぽでかまいませんが
名前くらいは付けといたらいいと思う。
配置した場所(座標)を別途メモ帖などに記録しておくと後で楽です。

<必要な変数を用意>
・各パーツの現在の位置を入れる変数をパーツ分(今回は4つ)
・クリックした絵の番号を入れる変数を1つ(「ピクチャのボタン化プラグイン」で使用)
・1枚目の絵の番号を入れる変数を1つ
・一時的な数値を入れる変数を1つ(パーツの位置を入替える時に使用)

<ゲーム開始時の処理>
・さっき正しく並べたパーツの表示位置を任意の場所に移動する。
・「各パーツの位置の変数」にそれぞれ代入する。
 正しい並びが、1,2,3,4で入替えた後が2,3,4,1だとすると
 パーツ1の位置=4、パーツ2=1、パーツ3=2、パーツ4=3となる。
 ややこしい場合は、図にしておくと良い。
 ランダムでパーツの位置を変えたいとかは、別の問題なので省きます。

<コモンイベントの内容>
・クリックされた絵が、1枚目かどうかを調べる。(「1枚目の絵の番号を入れる変数」が0なら1枚目)
 1枚目の場合は、「1枚目の絵の番号を入れる変数」に「クリックした絵の番号を入れる変数」を代入。
 OKな効果音等を鳴らして、カーソルの位置を移動して終了。
・クリックされた絵が2枚目の場合で、1枚目と同じパーツを選択している場合
 移動不可を示す効果音を鳴らして終了。
 (あるいは1枚目の選択をキャンセルするという内容を入れてもいい)
・「1枚目の絵の番号を入れる変数」と「クリックした絵の番号を入れる変数」が同じでない場合
 パーツを移動させる処理を入れる。
 移動後は、カーソルを消して、「1枚目の絵の番号を入れる変数」を0に戻し
 「各パーツの現在の位置を入れる変数」の数値が全て正しければ、クリアの処理へ。
 そうでなければ処理を終了し、次のクリックを待つ。

ざっくりと説明するとこんな感じ。
流れを書いただけなので
分からないところは遠慮なく聞いてください。
もう少し細かく説明します。
 
最後に編集:

AアQクUアA

ユーザー
こんにちは。
以下のようなゲームと想定して、説明を開始します。
https://game.nicovideo.jp/atsumaru/games/gm2634

<基本的な仕様>
ピクチャーとして配置した絵をクリックして選択(選択されたものを1枚目と称します)し
その状態で更にクリックされた絵(入替える相手を2枚目と称します)の位置と入替えます。

<前置き>
やり方は色々あると思いますが、私のやり方を説明します。
ツクールの基本的な操作の説明は省きます。
あらかじめ、トリアコンタン様の「ピクチャのボタン化プラグイン」を入手してください。
時間制限については、パズル完成後に追加できるので
まずは、パズル部分に集中します。

上記サンプルでは、「ピクチャ関連のイベント機能拡張プラグイン」も使用していますが
基本からやるのがいいと思うので、使わない方法で説明します。
パズルの作り方を覚えたら、使ってみてください。とっても便利です。
(特に複数出題する場合の作業効率が格段に良い)

RPGMVのが楽とは言え、そこそこ複雑なので
慌てず、ゆっくりやっていきましょう。

<始めにやること>
ピクチャーをクリックすると選択できるようにするには
コモンイベントがパーツの枚数分必要です。
とりあえず、練習ということで、4分割した絵を用意してください。
後、選択中であることを示すカーソル用の画像も用意してください。
枠用の画像はあってもなくてもいいです。
というわけで、コモンイベントは4つ必要です。

「ピクチャのボタン化プラグイン」を導入しヘルプにしたがって
パーツを関連付けて、まずは正しい並び順でパーツを配置してください。
コモンイベントは、まだからっぽでかまいませんが
名前くらいは付けといたらいいと思う。
配置した場所(座標)を別途メモ帖などに記録しておくと後で楽です。

<必要な変数を用意>
・各パーツの現在の位置を入れる変数をパーツ分(今回は4つ)
・クリックした絵の番号を入れる変数を1つ(「ピクチャのボタン化プラグイン」で使用)
・1枚目の絵の番号を入れる変数を1つ
・一時的な数値を入れる変数を1つ(パーツの位置を入替える時に使用)

<ゲーム開始時の処理>
・さっき正しく並べたパーツの表示位置を任意の場所に移動する。
・「各パーツの位置の変数」にそれぞれ代入する。
 正しい並びが、1,2,3,4で入替えた後が2,3,4,1だとすると
 パーツ1の位置=4、パーツ2=1、パーツ3=2、パーツ4=3となる。
 ややこしい場合は、図にしておくと良い。
 ランダムでパーツの位置を変えたいとかは、別の問題なので省きます。

<コモンイベントの内容>
・クリックされた絵が、1枚目かどうかを調べる。(「1枚目の絵の番号を入れる変数」が0なら1枚目)
 1枚目の場合は、「1枚目の絵の番号を入れる変数」に「クリックした絵の番号を入れる変数」を代入。
 OKな効果音等を鳴らして、カーソルの位置を移動して終了。
・クリックされた絵が2枚目の場合で、1枚目と同じパーツを選択している場合
 移動不可を示す効果音を鳴らして終了。
 (あるいは1枚目の選択をキャンセルするという内容を入れてもいい)
・「1枚目の絵の番号を入れる変数」と「クリックした絵の番号を入れる変数」が同じでない場合
 パーツを移動させる処理を入れる。
 移動後は、カーソルを消して、「1枚目の絵の番号を入れる変数」を0に戻し
 「各パーツの現在の位置を入れる変数」の数値が全て正しければ、クリアの処理へ。
 そうでなければ処理を終了し、次のクリックを待つ。

ざっくりと説明するとこんな感じ。
流れを書いただけなので
分からないところは遠慮なく聞いてください。
もう少し細かく説明します。
ゆわかさん

ありがとうございます。
RPGツクールMVを購入したら、
説明に従ってツクってみます。
分からないところがありましたら、
お聞きすると思いますので、
その時は宜しくお願いしますね。
 
トップ