貴方は共同制作?個人制作?

貴方の制作状況

  • 共同制作に憧れているが、基本的には個人制作

  • 共同制作に憧れていないので、専ら個人制作

  • 共同制作の仲間を募集しており、今の所は個人制作

  • 共同制作も行うが基本的には個人制作で出す事が多い。

  • 共同制作が多く、個人制作の時々出す事がある

  • 共同制作をやっていた経験はあるが解散して、今は個人制作

  • 共同制作をやっていた経験はあるが解散して、違う仲間を募集しながら個人制作している

  • 共同制作をやっていた経験があり、前のグループを解散して違うグループと共同制作している

  • 現在は共同制作で行っており、共同制作以外考えられない。

  • その他


Results are only viewable after voting.
ゲームを制作する以上、壁が存在します。
その中で個人の負担を減らす為に共同制作を選ぶ者、ひとまず個人制作だが共同制作したいという願望がある者、個人制作でいいという者等と色々あると思いますので、ちょっとしたアンケートをします。

※グループ・サークルとして組んでおり、テストプレイも兼ねているのなら共同制作として含めますが、単なるテストプレイヤーは共同制作と含めないとします。
 
最後に編集:
自分はまさに現在、共同制作を行っています。
作品板にある「Lost Heroines」のスレッドをご覧ください(ダイマ)

そもそも、共同制作の定義にもよりますよね。
テストプレイをしてもらって、意見を言っている人を
共同制作のメンバーとみなすのかということです。
もちろんこれには、正式なテストプレイヤーとして
グループに所属しているのかという違いはあると思います。

私は、ピアプロというサイトに所属しているのですがそこには共同制作を行うための
「コラボ」と呼ばれるコミュニティ機能があります。
そこでも、いわゆるゲームを作るコラボが立つことがあり、そこをヲチしたり
所属していたことがあります。
その経験から、集団製作について言いたいことは山ほどあります。

ですが、今のところはあまり書きたくありません。
理由はこれを、アドベントカレンダーの記事にしようと思っているからです。
 
 「共同制作」という一くくりでまとめるにはあまりにもいろいろな参加形態で関わった、または主宰したことがあるので『その他』に投票させていただきました。
 共同制作について思うところは自分の著書(?)で書かせていただいているのでそちらも参考にしていただければと。
『夢幻台のゲーム完成学』http://www.0en-game.com/free/freegame-rpg95_13.html

 その中でも書いていますが
>個人の負担を減らす為に共同制作を選ぶ人
 は非常に危険と考えます。共同制作も基本は個人制作のノウハウがあってこそだと思うので。
『一人で作るよりも質の高いゲームが完成できる』であって『一人で完成できない人でもゲームが完成できる』ではないことは
頭に入れておいた方がいいかなと思っています。
 
最後に編集:

沫那環

ユーザー
はるか昔の若い頃に、共同製作の企画を一度だけやったことがありました。
私をふくめた二人でやっていたのですが、いつの間にか、そのもう一人と自然と疎遠になってしまい、企画自体も自然消滅してしまいました。
そもそも、私自身が人と一緒に何かするのがとても合わない、よくも悪くも芸術家気質の持ち主なので、一人で制作している方が楽しくて楽だというのもあります。
 
「共同制作に憧れていないので、専ら個人制作」ですかねぇ。
ブランド名的な意味合いで、個人サークルとして
「Project_Dragonia」を名乗ってはおりますが。

自分の作りたいように作りたいですし、
自分だけで作った世界観に他人の意見を求めてもいないんですよね。
何より人付き合いが苦手。人の気持ちがあまり理解できない生き物なので。
金銭的に極めて苦しい生活事情なのもあって、
誰かに対価を提示して依頼を行う事すらない
完全な個人製作のスタイルになっているのが現状。

昔、共同制作でもなんでもなかった創作やってる数名の集まりが
いつの間にやら廃墟になっていたりとかした経験もあるので
共同制作未満のゆる~いお付き合いにも尻込みしそう。
 
元々、自分はゲーム制作より色んなゲームをしていることが多かったですが、ツクールMVにサイドビュー戦闘が導入されているということでそこそこ使えそうなアニメーション機能がない画像加工制作ソフトで気ままにドットをやっている程度。

なので、ある程度の参考意見や打開案を他の人に聞くことがありますが気ままにドットをやったり、ゲームを制作したりぐらいがちょうどなので、あまり共同制作には興味が持てないし、様々な負担の関係で半年しかモチベが持たないので個人制作を優先に活動しているのが現状です。
 

WTR

ユーザー
本当に共感できて、人柄も技術の面でも信頼できるならやってみたいです、共同制作。
でもそんなプロジェクトにはなかなか出会えないのが現実ですねぇ。
そういう高い志と人望と技術を併せて持ってる人はそもそも共同制作者を必要としないというか。

雇われに近い形で参加したことは何度かありますが素材納品した後どうなったのか音沙汰なしとか
そんなのザラです。
どちらかといえば不愉快な経験のほうが多いので結局個人製作派。
 
本当に共感できて、人柄も技術の面でも信頼できるならやってみたいです、共同制作。
でもそんなプロジェクトにはなかなか出会えないのが現実ですねぇ。
そういう高い志と人望と技術を併せて持ってる人はそもそも共同制作者を必要としないというか。

雇われに近い形で参加したことは何度かありますが素材納品した後どうなったのか音沙汰なしとか
そんなのザラです。
どちらかといえば不愉快な経験のほうが多いので結局個人製作派。
難しいところですね・・・、WTR様と釣り合う人材はそうそういないと思います。

自分も少々ドットができる程度ですが、企画力・構成力・シナリオ力等と色々足りない部分が多いので何度も壁にぶち当たりまくりますが、めげないで自分ができる範囲での改善方法を模索していきたいですから・・。
 
共同製作はやりたい派。
私は絵もかけないし、音楽も作れないし、プラグインも作れないので、それらを得意とする方の協力が必要です。

その代わり、私からはシナリオや演出を提供してあげられますし、ツクールのイベントであれば、大体の事が出来るようになったと思うので、組み立ても出来ると思います。

ギブアンドテイクで、作品をつくり上げられたらなー、て思います。

ただ、今の私には、そこまで暇がないのよね(。>ω<)ノ
 
ゲーム自体の作成は(ツールを動かすのは)常に1人でやっています。
但し、pixivに於ける一次創作・描き合いクラスタの付き合いがありますので、その同朋にキャラクターデザインを依頼する場合があります。
特に、ロボットが得意な方がいらして、ロボットが苦手な私には有難いです。
 
執筆者:神凪洸

共同制作って大変そうですよね。
とにかく消える・金銭トラブル・喧嘩・すれ違い等々、よく小耳にはさみます。
とくにネット上募集してサークル作った場合、ネット上でのやり取りのみで
顔も本名も性格もなにもわからないので、参加したいとは思えないですね。
かと言って面と向かって会いたいともまず思いませんけど。
やるとしても素材制作依頼を受け付けるのみで、制作そのものには手は出さないって奴ですね。

自分達は-RyU-と二人で活動していますが、元々身内なので
お互いの事はよく知ってますし、同じ釜の飯を食ってるのでスケジュールも把握出来ますし
って感じなので 共同制作形態としては、ものすごく恵まれてると思います。
自分はコンセプトとかシナリオとかキャラデザとか、ゲームを作る上で必要な情報を作るのがメイン担当で
相方は主にドット絵やシステム制作やデバッグ等の担当と
ある程度分けてますが、絶対的なものではなくお互いが進められる時に
すべての作業を担うというスタンスで、その中で特に得意な事を確認・調整してもらうというスタイルですね。

一方がエディタ作業してたら、一方はフォトショでグラフィック作業したりと
管理しやすいよう、お互い同じタイミングで同じ媒体を使用した作業はしないようにしてます。
一方が制作作業してる間、買ったゲームで遊んでるとかもよくありますね。
お互いが手伝い合って制作してる感じですかねぇ。
現在公開してる「レトリカルワンダーランド」の制作時に自分が倒れた時は
その間の全作業を相方に任せてましたから。任せられるって素晴らしい……。

まぁ、なんにせよ もし赤の他人と共同制作するなら
まず個人制作で1本以上ゲームを完成させたという実績は最低条件にするのが無難なのかもしれませんね。
 

コテツMM

ユーザー
共同製作に憧れていないので個人製作派です。まあ憧れていないと言っても、友達から一緒にやろうよって誘われたら考えるかもしれません。
最近はrpgツクールでゲームを作るのが仕事オフの時の自分の楽しみの一つになってるので共同製作で他の人とペース合わせて製作するのは疲れちゃいそうです自分は(^_^;)
 
共同制作に憧れはありますが、個人制作派です。
共同制作の利点として、それぞれの得意分野で貢献ができるというのがあると思います。
絵が上手い人はイラストが描ける。音楽が好きな人は作曲ができる。プログラミングができる人はプラグインが作れる。ライトノベルを自分で書いていたならシナリオが書ける。
自分には絵は描けませんし、音楽のことは分かりませんし、プラグインも作れなければ、面白いゲームの仕様や企画を考えることも、濃厚で感動的な物語りを創作することも出来ません。
ゲームの会話イベントを書くぐらいなら出来るかもしれないですが、需要は無いだろうな。相手に満足してもらえる自信も無いし。否定されると泣きたくなるし。
というので諦めて、個人制作で素材集めて好き勝手にツクってます。
そもそも会議とかに出れる時間も無いってのが致命傷。メールのやり取りは限界があるんだよな~という。アツマールでゲーム制作したときに痛感しました。
 
そういえば、共同制作の一つであるリレー小説やリレー漫画はよくあるのにリレーRPGツクールは少ない・・・。

試しにアツマールで検索したその中の一つである
CatMeowMeow
アツマール版
https://game.nicovideo.jp/atsumaru/games/gm4587?link_in=users

HP先
http://catmeowmeow.starfree.jp/index.html

結構、よくできている。

SRC製とかではよくリレー作品とかよくあるのに、PC版のツクール製の奴ではごく稀。コンシューマ版ではやる人がいる程度。

うまく繋げるか、カオスに破綻するかは分からないが面白いのに・・・・。

まぁSRC製は一話一面というルールで十人以上でやっている所があるけど、RPGツクールでは数十人やる場合はルールをかなり絞り込まないと難しいのかもしれない。
 
最後に編集:
最近ではお仕事として関わらせていただいているサンプルゲームとかは、
皆共同制作ですが、大変うまくいっていますね。
皆、お仕事と言う意識を持ってくれているのか、
年齢的にも常識がある人が集まっているというのもあるのでしょう。

でも、昔はこうではありませんでした。
まだ20代前半の若造のころでしたよ。
一応シェアウェアにするから……ってことで仲間をネット上で募ったんですが、
シェアウェアの意味が分からなかったのか、結構、トラブルだらけでした。

特に問題があったのが、設定を一部考えてもらっていたのですが、
他の商業作品のパクリを持ってくる人がいたこと。
それも一人じゃなく、複数。本人にはその意識はなかったようなのですが、
僕が元作品と突き付けてみると、パクリと指摘されたら
言い訳のしようのないレベルでの類似度でした:kaoback:

きっかけはAさんが「Bさんの作中劇の設定は、あるアニメからのパクリばかりです」と
言ってきたこと。それで注意したのですが、
後日、そのAさんの持ってきていた、作中のメカの設定も、
彼の好きなアニメのパクリばかりだった、というオチがありました:kaodes:

それ以来、僕は設定を考えてもらう場合は、必ず検索エンジンを活用しています。

なお、僕の場合、設定でのパクリの話でしたが、
商業作品でも、イラストで、他の商業作品のイラストを、
イラストレーターが剽窃して問題になったケースがありました。
そのゲームも、剽窃元もいずれも有名作品だったので、発覚が早かったのですが、
同人、コンシューマー含めて、この業界にはどのくらい、こういう地雷が埋まっているのか……:kaoback:
そう考えると恐ろしいものがあります。
 
共同制作ですが、ゲームプロジェクトごとにスタッフが違うことが多いタイプです。

一応レギュラーメンバー的立ち位置の人もいますが、スタッフの予定が合わない事によってゲーム制作を開始するのを後回しにしたくないので、その都度その都度でスタッフ募集をしています。
 

エルトン

ユーザー
共同制作に憧れているが、基本的には個人制作に一票。
強いていうならお金を払って依頼等は現在進行形でやってますね。

役割を決めてのサークルやグループの活動も積極的にやりたいとは思いません。
が、知り合いに誘われたら・・・という程度です。

え、じゃあなんで共同制作に憧れてるに入れたんだ、という話になりますが
猫二郎さんが話題にだしたSRCのリレー作品みたいなのはOK、
というかむしろやってみたいからですね。

それぞれ1マップ分つくってがっちゃんことか面白そうです。
 
かなり前にツクール外のツールですが、自分含め同郷のメンツ4人でギャルゲーを共同制作してました。
リーダー(プログラマ兼シナリオライター)・プログラマー・絵師の3人と自分は音源関連全般(BGM・SE・MEの制作・編集)を担当していて、一番問題になったのはリーダーが作業量に見合った金銭を支払うといっていたものの、終始料金の未払いでした。
暫くシナリオを書き溜めたり、未払いの料金を何とかするって事で3ヶ月程リーダーと連絡が取れなくなり、そのままリーダー逃亡って形で頓挫・解散しました。
そこでの経験からの教訓としてかかせてもらいます。
身内で楽しく作業とはいっても料金が発生する以上は仕事・目的意識の欠如は良くない。
大体の企画主が、「自分はストーリー書くから他の役割をやってくれ」っていうのは構わないけど、そもそも1ルートの
 7~8割型でもテキストで完成させてから他のメンツを誘うなりしてもらわなければ作業場行き詰る。
 (一枚絵や音源の数の見積もりが出来ない)
など、他にも色々ありますが、過去のグループ政策に関して書くと呪詛を撒き散らすことになるのでこのくらいにしておきます。
上記に記したものに関しては他の方の考え方もあると思うのでスルーしといてください( ˙-˙ )

自分は最近になって音源以外にもGIMPのフリー版を使ってアニメーション素材・顔グラフィック・アイコングラフィック・立ち絵などなど自分で作れるようにはなってきています。やろうと思えば努力次第でなんとでもなるので個人で制作してます。
どうしても欲しい素材・足りない素材があればツクール素材を買ったりして補填すればいいという考えです。
今後何かしら共同作業をする(勧誘される)のであればそれはそれで良いと思っています。(´・ω・)
 
トップ