長編RPGにおける「これまでのあらすじ」

数か月前、遅ればせながら3DS版のドラクエ11をプレイしていたのですが、
今回初めて、ゲームのロード時にあらすじが表示されるようになりましたね。

これはゲームを「以前どこまでやったっけ、どんな話だったっけ」と
久しぶりにプレイするときに大変役立つ機能ですが、
僕が思うに、これはドラクエをプレイする人の社会人率が上がったことと
関係が深いと思います。

子供や学生なら、比較的自由に時間が取れるため、
次のプレイ時に、それまでのあらすじを忘れることは少ないでしょう、
しかし社会人となると、長く仕事で拘束された後、久々にプレイする率は上がります。
実際、ゲームを卒業しても、ドラクエが出たらやる、って社会人は多そうですね。

このように、忙しい人のために、あらすじ機能が長編RPGにあると親切です。

ツクールでも、日記機能として、シナリオが進むたびに、
日記に記事が追加されていくゲームがあった気がします。

これがコンシューマーで採用されている例は、SFCの「G・O・D」ですね。
これは、作者の鴻上尚史氏によると、「社会人にもやってもらうことを前提にしてる、
社会人は時間が取れないから、前のあらすじを忘れるから、日記を入れた」と
まさに、ずばり言っているんですね。
(実際にはそのゲームは、結構大コケしたと言われていますが、惜しいゲームでした)

そこで、このスレでは、あらすじ機能に関するあれこれについて語ってもらいたいと思います。

また、あらすじ機能ではなく、演出としてうまく入れている話題などもしたいですね。

端的な例が天外魔境シリーズです。
シナリオの合間合間に「ヨミ様に申し上げます」と
悪役が上役に主人公たちの行動を報告するシーンが度々ありますが、
これは、演出のみならず、プレイヤー側に、ここまでのあらすじを再確認してもらう役割
うまく担わせているわけです。そこに気づいたときは「うまいなあ」と思いました。

実際、天外魔境は当時のRPGとしてもボリュームが凄かったのみならず、
結構いろんなサブイベントやシステムがあり、メインシナリオを断片的に忘れてしまう……
なんてことがありがちだったので、結構助かっていた記憶があります。
 
単純にあらすじ書かれてもいまいち面白くないので、日記にするってアイディアは僕も大好きです。

SFC「ヘラクレスの栄光Ⅲ」(だったかな)にも日記機能ありましたね。主人公が書くのではなくて相棒が書くので、プレイヤーが勝手に動いてしまう不快感がなくて良かった。

サターン「魔法騎士レイアース」は日記は日記でも絵日記で、主人公3人の個性が存分に表現されていて面白かったですね。
このゲームの場合、原作付きのいわゆるキャラものなので、プレイヤーが勝手に動く不快感はなくて、好きなキャラの心を覗き見するみたいな、ちょっと背徳っぽい楽しさがありました。

PS2「テイルズ オブ ジ アビス」は主人公が記憶喪失なので、その治療も兼ねて日記を書くという設定になってて、ちゃんと理由づけされてたのも良かったし、まさに(ちょっと流れを忘れた)プレイヤーの記憶を補完してくれるアイテムになってました。

基本的にRPGは「村人」があらすじ語りの役割を持ってるんで、自分が作るときはあらすじ機能があったとしても頼り切らずに、村人のセリフの中にうまく配置したいものですね。
 
 自分がこのあらすじ機能を最初に体感したゲームはFC版「ナイトガンダム物語」だったと記憶しています。
当初は自分も小学生だったので「継続プレイしているんだから物語なんか忘れないよ」と思っていたのですが、
時間の取れない大人のためを考えると親切なシステムかも、と考えています。
(そもそもその作品が子ども向けだったので、年齢層とシステムが合っていたかと言われれば微妙ですが)。

 あとはSRPGになりますが「タクティクスオウガ」の「ウォーレンレポート」と「オウガバトル64」の
「ヒューゴーレポート」、「FFタクティクス」の「ブレイブストーリー」も秀逸。
 ストーリーが進むごとに更新され、シーン再現機能で、見たい場面を見たい時に、見たいだけ見ることが出来ます。
人間関係や地名、出来事などが複雑に絡み合う重厚なストーリーなので、過去の出来事を確認したくなることも多く、
システムとストーリーが見事にマッチしている例だと思っています。
 
執筆者:神凪洸
あらすじ、最近のはいれてますね。
ただ短編が作れないだけあり、話を短くまとめるのが苦手中の苦手で
あらすじって凄く苦手なんですよね……。

あまりにも苦手過ぎて、それをやりやすくしようとわかりやすい章区切り構成にして
この章ではこんなことがあったと書き連ねてますが、それでも長くなりすぎてはみ出してしまったり……(遠い目)
最近は自分も制作等に追われてあまりまとまったプレイ時間を取れないおかげで
数ヶ月ぶり、年ぶりなんてざらですが、記憶力がいいのかなんなのか
あらすじ機能ってまともに読んだことないんですよね。
ちょっとプレイすれば、そういやあんな事があったよなとか色々思い出すタイプなので
あらすじはNEW表示を消す為だけに連打するくらいしか開きませんね()
今プレイしてるオク●パストラベラーは、シナリオを始める時に前回のあらすじが表示されますが
それも飛ばしてます(殴)
(だから話をまとめるのが苦手なのか……?)
 

WTR

ユーザー
それがたんなる備忘録としての役割しかないのであれば
あっても害はないけど、あることによってプラスに感じることはほとんどないかも。

秀逸な例がいくつか挙がっていますが
それらは読むことに楽しみを見いだせるほどの出来だから価値があるのであって
シナリオを思い出すのに役に立つというだけでは意義が乏しいと感じます。

制作側としては、この手のテキストを作りこむには本編並みの労力が要るのではとすら思えるので
それだけ覚悟決めてやるか、そうでなければ潔く捨ててもいいんじゃないかなーなんて思います。
 
RPGではないですけど、レイトン教授はゲーム開始時にこれまでのあらすじが必ず出ますね。毎回ちゃんと読んでました。要らなかったけど()

私自身は、最近RPGどころかテレビゲームすらやってないのでアレなんですが、セーブデータをロードして画面が出てきたら状況を思い出せちゃうことが多かったです。唯一思い出せなかったのは、半年くらい経ってから再開したFF9。浅瀬チョコボと一緒に孤島にいて、ちょっと状況が読めなかった。しかも、帰り道が分からなくなってしまい、孤島から出られなくなった。電源消しました(笑)あらすじがあったとしても、電源を消したと思います。どうやって出るか分からないもん(笑)

私は、あらすじ要らない派ですね。あったら読むけれど。それより、町の人とかにこれからどこ行けば良いかとか情報があればいいなーと思います。それで判断するから。
 
ロード時やメニューの専用項目ではなくアイテム扱いですが、自作品でも一部の長編では次の目的を確認できる「ぼうけんメモ」なるものを搭載したことがあるので、そちらについて語ってみることにします。
傾向としては、各地に依頼人がいてサブイベントを受けることができるために本筋から脱線しやすい作品に搭載されることが多め。
メモが更新されるときは「ぼうけんメモが更新されたよ!」などの通知はなくいつの間にか更新される仕様なので、使わない主義でも邪魔になることはないと思っています。
以下、機種による細かい仕様の違いについて。

・DS版ぼうけんメモ
説明文の2行がメモの内容という設定であり、カーソルをあわせるだけで読めるおてがる仕様。
ただしDSシリーズにはだいじなもの枠がないため、アイテム欄を圧迫しないよう最新のメモ以外は自動で破棄しているので過去の冒険をふりかえることはできません。

・MV版ぼうけんメモ
だいじなもの枠の1番目に常駐しており、使うことでまず最新ページを表示したあと、数値入力でバックナンバーも読める仕様。
確かに柔軟性は高いものの、アイテムとして使わないと読めないため手軽さではDS版に一歩劣るかも?
特定の仲間が書いている設定の場合、その仲間が一時離脱しているときは別の仲間が代筆するなどの小ネタもあるようです。

……と書いているうちに、DS版の説明文とMV版の使用効果を合体させれば最強なのではないかと思えてきたので、また長編をツクることがあれば両者のいいとこどりも検討するかもしれません。
 
ロード時やメニューの専用項目ではなくアイテム扱いですが、自作品でも一部の長編では次の目的を確認できる「ぼうけんメモ」なるものを搭載したことがあるので、そちらについて語ってみることにします。
傾向としては、各地に依頼人がいてサブイベントを受けることができるために本筋から脱線しやすい作品に搭載されることが多め。
メモが更新されるときは「ぼうけんメモが更新されたよ!」などの通知はなくいつの間にか更新される仕様なので、使わない主義でも邪魔になることはないと思っています。
以下、機種による細かい仕様の違いについて。

・DS版ぼうけんメモ
説明文の2行がメモの内容という設定であり、カーソルをあわせるだけで読めるおてがる仕様。
ただしDSシリーズにはだいじなもの枠がないため、アイテム欄を圧迫しないよう最新のメモ以外は自動で破棄しているので過去の冒険をふりかえることはできません。

・MV版ぼうけんメモ
だいじなもの枠の1番目に常駐しており、使うことでまず最新ページを表示したあと、数値入力でバックナンバーも読める仕様。
確かに柔軟性は高いものの、アイテムとして使わないと読めないため手軽さではDS版に一歩劣るかも?
特定の仲間が書いている設定の場合、その仲間が一時離脱しているときは別の仲間が代筆するなどの小ネタもあるようです。

……と書いているうちに、DS版の説明文とMV版の使用効果を合体させれば最強なのではないかと思えてきたので、また長編をツクることがあれば両者のいいとこどりも検討するかもしれません。
作ってる途中でMVが発売されたためエターなった奴ですが、メモというかそんな感じのは作ってたことがあります(今まですっかり忘れてた)。クエストを受けると、クエストクリア前と後で内容が変わるというメモ書き。クエストクリア後に、その小話の結末とショート漫才が追記されていくという、楽しいおまけ要素でした。

無くても全然かまわないんだけど、クエストクリアのモチベーション上げになれば良いかなと思って搭載したことがありましたね。
 
トップ