騎士とは?

べるなに

ユーザー
レンジャーや魔法戦士や錬金術師のスレの便乗です。

騎士と言うキャラクターがいる→わかる
ジョブ:騎士→なんじゃそりゃ

となります。自分の作品でも騎士を登場させたりはしますが、正直訳の分からない状態になっています。
一般的なRPGではよく槍と魔法を使いこなしていますが、騎士そのものは魔法戦士となんら変わらないのでは?と思いました。
物理特化の騎士もいますが、戦士や剣士ってポジションと同じやん……とも思いますし。
聖剣や魔剣を装備できる聖騎士!と呼ばれても「勇者の劣化版じゃね?」と思ったりもします。
職業としての騎士には納得がいきますが、RPGの戦闘職の騎士とはなにか?と思って子のスレッドを作成しました。
 
「騎士」はどちらかというと「ナイト」(ほぼ同義と考えます)の方がなじみがあるので、そちらで考えてみます。
自分が不勉強だからか、実は槍や魔法を使いこなしているナイトはあまり目にしたことがありません。

 FFにおけるナイトは、敵を倒す戦士職であるとともに仲間を護る職業でもありました。「かばう」はかなりメジャーです。
オンラインRPGなどでは敵の攻撃を引き付け一手に受ける「パーティーの盾役」として活躍することも多い…気がします。
今現在の自分の「騎士」のイメージとして近いのはこれで、必ずしも字の如く「馬」に乗っている必要はないのかなと。

 ファイアーエムブレムにおける「ナイト」は「ランスナイト」「アーマーナイト」「ドラゴンナイト」というように装備または
乗り物を表す単語が頭について、アーマーナイトは防御力が高い、ドラゴンナイトは移動力が高い…など
特徴が明確になっていました。同シリーズには「戦士」もいますが、こちらは攻撃一辺倒で防御が薄い、ということで
住み分けされていました。

 オウガバトルシリーズにもナイトは多数出てきますが、こちらはどちらかというと性能差というよりは、本作で重要な
アライメント的な住み分けがされていた気がします。「ホワイトナイト」「ブラックナイト」「テンプルナイト」などなど。

※ここからは余談になりますが、ちょっと思う所について、いい機会だと思ったので…読み飛ばしても構いません。
 「パーティー×ナイト」という作品を最近公開したばかりで自分としては「ナイト=騎士」というイメージだったので、
前述の通り「騎士=護る」イメージがあった関係で勢いで「ナイト」の言葉を使いましたが、実際にナイトのイメージに
合うキャラクターは皆無です。主人公ランレッテを筆頭に「お前のようなナイトがいるか!」状態。
 でも、何となくカッコいいからで付けた、または作った職業でも「昔はそれでも許された」と思っています。

昔→「へえ~『ナイト』だって。よく分かんないけどなんかカッコいいな」
今→「全然『ナイト』の要件を満たしてない、やり直し」

 何となく「ちょっとカッコ良さそうだから」で勢いでジョブを決めて…それで良かった。ある意味ゲーム制作も
シンプルでした。それが今は色々な意味でユーザーの目も肥えて「なんじゃそれ」と突っ込みが入る時代。
 何かとシンプルには行かない世の中ですが、ゲーム制作にもその「シンプルには行かない世の中」の影響が来ている気が
してなりません。自分の単なる思い過ごしなら良いのですが「全然騎士じゃない騎士が許されるシンプルなゲーム制作界」に
なってもいいのかな、と思う今日この頃です。

 駄文失礼しました。
 

ゼゼゼ

ユーザー
戦士……攻撃力の高い前衛職。防御は低め。斧とか装備できる。
剣士……素早さの高い前衛職。攻撃は低め。二刀流とか装備できる。
騎士……防御力の高い前衛職。素早さは低め。重い鎧や盾を装備できる。

スキルとしては、
剣士は連続攻撃や先制攻撃、全体攻撃の技が使える。
戦士は『力を溜める』みたいに自身の攻撃力を高めるスキルや、一撃で大ダメージを与える技を使う。
騎士は『かばう』のような味方を守るスキルが使える。

っていう風に私は使い分けてます。
 
最後に編集:

ハルマキ

ユーザー
恐らくVXやVXAceのデフォキャラのように、
魔法(主に回復系)が使えるのは、
DQのパラディンとかFFのナイトあたりから来ているのかと思います。
(実際にDQではパラディンになるのに僧侶職を経験しないと
 いけないので、その過程で回復魔法覚えますし、
 FFのナイト自身も1とかで白魔法使えてましたからね。)
さらに言えば、騎士自体が教会にも深く関係していたため、
神聖な力が使えるという意味でそのような魔法や聖剣が使えるように
なっているのだと思います。

槍を扱うのも、騎士は元々馬に乗って戦う者を指していたため、
馬上でも戦いやすいように槍(ランス)を使っていたところから来ていると思います。

とまあ、こんなうんちくはさておき…
僕もゼゼゼさんと同様に守りの技に特化した戦士という形で
騎士というジョブは考えています。
データベースサンプル・ネオでは戦士がそのポジションになっており、
HPや防御力が高い代わりに敏捷性は低めです。
スキルも身代わりになる「かばう」や「仁王立ち」、
そしてダメージ自体を極減する「鉄壁の守り」や「魔法障壁」といった
味方を守るものを中心に入れております。
魔法は入れておりません。

守るよりも攻めを優先して早く戦闘を終わらせるというスタイルを取る人には
あまりこのジョブは使われませんが、時々このジョブの使える防御技がないと
確実に殺られるというボスもいるので馬鹿にはできなかったりします。
(そこら辺は制作者の腕の見せ所だと思います。)
 
こんにちは。
私も騎士と言えばお姫様を守るナイトという印象ですね。なので、どちらかというと守備主体な能力になります。

防御力や耐久力(HP)が高く、リベンジカウンター(七つの大罪)みたいな技が使えるようにしたいですね。守り一辺倒かと思いきや、超威力で反撃して逆転。カッコいい。
 
戦士、剣士、騎士、聖騎士、魔法戦士は違いがかなりあると個人的に思っています。

戦士(ウォリアー):剣、斧、槍、二刀流、大剣など、重防具○、装備によっては遅い、一撃が重い
剣士(軽戦士、フェンサー):軽装備で戦う、重防具×、連続行動、素早い、攻撃回数により、力不足を補える

・傭兵イメージ
→大雑把、仕事はやる、金に目がない、悪人もいる

騎士:(ナイト):槍、重防具○
聖騎士(ホーリーナイト):槍、重防具、魔法防具○、回復or光魔法使える

・国や教会といったところに所属しているイメージ、君主に仕える
→義理堅い、誠実、真面目、正義、基本善人

魔法戦士(マジックナイト):剣、槍、軽重魔防具○、魔法で属性付与、剣(武器)に魔法を宿し、物理と魔法で攻める

・扱いが特殊
→ヒーロー系、ラスボス系とか
・万能or器用貧乏、
 戦士や騎士のちょっと下(戦士のような爆発的攻撃力よりは下、騎士の鉄壁防御力は下)
 
騎士とはつまり騎乗して戦う者、それに対して与えられる称号のようです。
しかし何時しか階級名になったのだとか。

初代のころのファイアーエムブレムでは騎馬の兵士はソシアルナイト(Sナイト)でした。
流石に社会派騎士では意味不明になるのか、英語圏ではCavalierでしたが。
北米版烈火の剣ではアーマーナイトがKnightだったようです。

FEの名称云々はまぁ、与太話にするとして。
RPG的にはあまり騎乗しているという点は使い道がなさそうなので
設定としてはある程度社会的に地位がある人物で、
装備は剣+盾か槍、重装備可能といったところでしょうかね。
ないしは貴族階級と組み合わさって刺剣を装備する例もあるかもしれません。
地位があると言う事は生活に余裕があるでしょうから、
素質云々はともかく魔法など勉学に励む財力もあるでしょう。
一般人よりは魔法にも精通しているかもしれませんね。
重装備可能、魔法もそれなりに知っている、となると普通に強そうです。
重装備のせいで動きが鈍い、主君に対して盲信的などの弱点を備えましょう。
 
騎士は大抵のゲームでは、防御寄りのスキルを取得していたり、重装備を装備できるのが多い。

騎士の種類には
・黒騎士
→本来は傭兵騎士や主人を持たない騎士の事。
・女騎士
→宗教上の理由で実在しません。
・姫騎士
→王女や皇女の中で、騎士としても務めている者。
・聖騎士
→神や天使の加護を得た騎士、教会の祝福を受けた騎士。
・暗黒騎士
→黒騎士と同義される事がある。フィクションではネガティブな要素の力を持った騎士。
・竜騎士
→本来は銃を持った騎士でフィクションでは竜と縁のある騎士。
 
騎士といえば最初に思いつくのが、既出ですが、FF4のパラディンですね。
戦士としてかなり洗練されていることに加え、回復魔法が使えるのと、
あと、「かばう」が使えるのが大きいな、と思いました。

ところで皆さん、ツクールMVにも「かばう」ってデフォルトでついてる機能ですが、
使っていますか~? 僕? 全然使っていません(汗)。
なんかかばう関連のバグとかが仮にあっても見逃されそうな雰囲気ですね。

それと、ナイトではなく騎士というと、どうしても「馬に乗ってる」ってイメージありますね。
ツクールは昔アスキーから出ていましたが、アスキーのロゴは、馬に乗った、まさに「騎士」でした。
これは「うちはダビスタとWizardryでぎょうさんもうけたぜ、という意味ですか?」みたいに
冗談を飛ばされたりもしていましたが、やはり、騎士=何かに乗ってる、ってイメージにすると、
妙にしっくりきますね。
 
「かばう」はどんどん使っているというか、騎士ロールの得意技といった感じです。
バグとは違いますが、かばうとカウンターのコンボはできませんよね。
そこで、かばうと同時に狙われ率をかなり上げてこれを再現しています。

また、どうしても器用貧乏になりがちな勇者も「仲間を守る」という
イメージから、かばうスキルを持たせることが多いです。
 

ufo_1122

ユーザー
騎士というとまあ厳密には貴族が、階級が…とありますが、JRPGとしては「防御寄りの重装前衛」という認識でいいように思います。
日本の作品でも侍や忍者が実際の設定を踏まえて事細かに……ってのは史実モノでもないとそこまで見ませんし。
忍者が原典通りの火遁や土遁を使ってるのほぼ見たことない
逆にメインストーリーに絡む場合、リアル・シリアスな中世を描きたい場合はそのあたり事細かに設定する必要があるとは思いますが。

戦闘におけるロールとしてはタンク(盾役)、場合により兼サブアタッカーでしょうか。
戦士やモンクが高いHPでダメージを受けきり、剣士や盗賊が回避率を高めてミスすることに賭けるのに対し、
「かばう」で味方を守りつつ高い防御力やダメージカット・反射系スキルで被ダメージ量そのものを抑える印象です。
攻撃力を下げるようなスキルやシールドバッシュ等スタンで攻撃を妨害するスキルを持っていてもいいかもしれませんね。

「騎士」「聖騎士」が両立する場合には前者が物理特化、後者が物理面で劣る代わりに光魔法や回復魔法を使え、魔法防御高めといった感じでしょうか。
 
今まさに騎士が登場するゲームを作っていますが、はっきり言って設定周りは作りこんでいません。流石に馬には跨らせてあげないと「騎」にならないので出来る範囲でやっています。
そもそも「クラス」では無いと思うので、肩書としては存在しますが実際のクラスは戦士だったり魔法使いだったりあるいは軽戦士(名称はストライダー。某進撃兵士や蜘蛛男の様に飛び回るイメージ)とバラバラです。
 
昨今のフィクションにおける騎士は、騎士道物語からくる概念のように思います。
すなわち主君に仕え、名誉ある戦いを好む戦士ですね。

ゲームにおいては
・主君や弱者を守る=かばう、回復魔法
・強敵と正面から渡り合う=高い攻撃力と防御力
といった感じで設定されることが多いようです。

なお私が知るところで最も古いゲームの騎士クラスは、ウィザードリィのロード。
善属性で、回復魔法が使える戦士として設定されています。
攻撃魔法が使える侍や、悪属性で盗賊の技が使える忍者と好対照な存在ですね。
 
トップ